製品について知ってほしいこと-THINGS WE WOULD YOU TO KNOW-

製品について知ってほしいこと
HERZの革製品は、良くも悪くも癖があります。革のキズやシワも同じ商品でかなり個体差があります。また、作り手の手によって一点一点仕上げているので、クラフトならではの製品の特徴もあります。 そういった意味も含めて、一点モノであることをご理解いた上で、当工房の革製品をご愛用頂ければ嬉しく思います。

革について

天然革の持つ豊かな表情

天然革の持つ豊かな表情

血筋やバラキズ

表面加工を抑えて、自然の表現を生かした仕上げをしています。革の表面(銀面)、裏面(床面)に関わらず、血筋や バラキズといった自然の跡が入ります。少し深めのバラキズがあった場合も表面の革質が良かったり、通常使用す る上で負荷のかかりにくい位置を選んで裁断しています。使い込み、時を経るごとに色に深みと艶が増し、キズや シワも使う人ならではの味となり、カバンの一部となっていきます。
トラと呼ばれる縞模様

トラと呼ばれる縞模様

首や肩の周りや背中など、革に元々あるシワが寄り やすい部位に筋状の縞模様が入ります。 これを「トラ」と呼びますが、製品によっては、大きく トラが入る場合もあります。「トラ」は、亀裂が入って いる訳ではありませんので、他の箇所と較べ強度面は劣りません。

シミや色ムラ

人の肌と同じように革にも元々ついているシミやムラ があります。商品によっては、ポツポツしたシミやムラ が入ることがあります。 表面の染料も薄化粧で仕上げていますので、革の表 面に色ムラ等が出る場合もあります。

シミや色ムラ
革独特のにおいがあります

革独特のにおいがあります

環境に優しい手法で作られた植物タンニンなめしの革を使用しています。 植物由来のタンニンでなめされた革は、革独特のにおいがあります。 お使い頂く中で、多少やわらいでいきますが、完全に消えるということはありません。

色落ち・色移りがあります

革本来の表情をお楽しみ頂くために、色止め等の表面 加工を最小限に抑えています。衣服とのこすれや水ぬれ等により、他の物に色移りしますのでご注意下さい。 ※薄色の衣服での使用には特にご注意下さい。 ※色移りは革の表面、裏面ともに起きます。 ※衣服が濡れている時は特に色移りしやすいです。

色落ち・色移りがあります
色味の違い(同一色の本体部)

色味の違い(同一色の本体部)

革の染色も、職人が手作業で行なっているため、同じ 革色でも色味の違いが生じます。 ※全ての革色で、色味や風合いの違いはあります。 ※同じ革色を複数点ご注文頂いたとしても、色味が変わる事があります。 ※ご注文時に革の色味はご指定出来ません。

色味の違い(同一色のパーツ部)

一つの製品を作るにあたり、同じ革色でも厚みや質の異なる革パーツを使用していますので、色味や風合いの違いが生じます。 ※写真はキャメルですが、他の革色においても、色味や風合いの違いはあります

色味の違い(同一色のパーツ部)
革の裏(床面)

革の裏(床面)

HERZ の製品は裏地をつけていないので、一枚革の裏面(床面)をそのまま使っています。普通は顔料を塗って、革特有のシミや模様を隠しますが、あえて隠さずに、そのまま使用しています。商品によって個体差はありますが、シミや色ムラ等の模様もあります。

革の毛羽立ち

ストラップは一枚革で仕上げているため、床面の繊維が立ち上がる現象(毛羽立ち)が生じます。 また、鞄本体の床面も、使い続けていく中で擦れてカスが落ちたり、衣服につくことがあります。

革の毛羽立ち
革の大きさを表すデシ数の刻印

革の大きさを表すデシ数の刻印

一枚の革につき一箇所のみ。 革の床面に、仕上がった革の面積を示すデシ数が刻印されています。一部商品には刻印が入っている場合があります。刻印有無の選択は出来ませんので、予めご理解の程、宜しくお願いいたします。

製品の特徴

長くご愛用して頂くために

HERZ製品には内張りがありません

HERZ製品には内張りがありません

長く使い続けてもらうために、修理をすることも念頭に入れた製品作りを心掛けています。 長い間、鞄を使い続けていくと、どうしても耐久性の弱い内張りから痛んできてしまうからです。
均一に揃ったステッチではありません

均一に揃ったステッチではありません

厚い革と太い糸で作るHERZの革製品は、機械のように均一に揃ったステッチではなく、少し曲がっていたり、ピッチが異なることがあります。HERZの大きなステッチは、耐久性を求める上で、針穴をひとつでも減らすという、丈夫さを第一に考えた結果のステッチです。
経年変化による変形があります

経年変化による変形があります

一枚革で仕上げている為、厚みのあるハードレザーのバッグでもお使い頂くうちに革が柔らかくなり形が変わっていきます。 使用状況によって、それぞれの癖が鞄に現れますので、それがHERZの鞄を楽しむ一つの醍醐味でもあります。
定期的なオイルメンテナンス

定期的なオイルメンテナンス

革は乾燥すると、ひび割れや破れといった現象に繋がります。定期的なオイル塗布で大事な鞄は長持ちしてくれます。尚、一部製品ではオイル塗布の必要がない製品もあります。詳細は下記のページをご覧ください。 お手入れ方法について詳しく見る
修理をしながら長く使う

修理をしながら長く使う

鞄に使用しているパーツ(特に金具類)はお使い頂く中で、どうしても消耗していきますので、定期的に交換が必要です。製品の修理は常時受付しています。 修理について詳しく見る
差し込み金具の開閉方法

差し込み金具の開閉方法

開ける時はベルトの下に指を通して金具を押し上 げます。閉める時は写真のように、金具の脇をつまみながら差し込むと閉めやすいです。金具を差し込んだ状態で無理に引っ張ると、破損につながりますので、ご注意ください。
錠前の開け方

錠前の開け方

鍵穴が付いている突起部分を写真のように、下に向かって押すとベルトが外れます。 ※お届け時は鍵をかけておりません。 開ける前に鍵を回してしまった場合は、再度、戻して下さい。
金具のエイジング

金具のエイジング

一部使用している真鍮金具は、革と同様、より無垢 に近い状態に仕上げています。 そのため表面の変化が早く、すぐに色がくすみ、アンティークな雰囲気に様変わります。お届けしたばかりの金具も錆のようなくすみが見られますが、金具自体に問題ございません。

作りについて

使用機材や製作工程で生じる商品の特性

ミシン跡

ミシン跡

製作工程上、革の表面・裏面問わずにミシン機材の跡がつくことがあります。
内縫いの針穴

内縫いの針穴

内縫いの商品は、糸が出ていたり、針穴が若干拡がっているものがあります。HERZでは厚い革をなるべく 薄く漉かず、太い糸と針で縫うので、革を折り込んでいる部分から糸や針穴が見える場合があります。
ひっくり返しによるシワ

ひっくり返しによるシワ

内縫いの商品は縫製後に、革を表面にひっくり返す 工程があります。 その際、程度に差はありますが、革にシワが入ります。
ピン穴による窪み

ピン穴による窪み

一部商品においては、写真のように僅かな窪み(ピ ン穴)が表立つことがあります。
パイピングの継ぎ目

パイピングの継ぎ目

革のパイピングを入れて縫う製法(玉縫い)の商品は、鞄の表裏側ともに、パイピングを継ぐ箇所で僅かな空きが生じます。
革質による形

革質による形

一枚の革でも革質は均一ではありません。 盤面で革質が異なると出来上がりも均一な形を保つことが難しい場合があります。
底面のつくり

底面のつくり

底鋲を付けている鞄でもコバ面は地面に接地します。底鋲は地面から離す役割ではなく、鞄全体の型崩れを防ぐためとして取り付けています。 構造的にもコバは最も丈夫であることと重量を面で支える形になっています。
HERZ ONLINE SHOP