ミネルバリスシオについて

ミネルバリスシオについて

ミネルバリスシオ(Minerva Liscio)について

ミネルバリスシオ(Minerva Liscio)は、イタリアのタンナー「バダラッシィ・カルロ社」で一枚一枚丁寧な手仕事によって、時間をかけて作られています。フィレンツェのサンタクローチェ地区で10世紀以上の歴史を持つ”バケッタ製法”と呼ばれる手鞣し・手染めで仕上げた高級素材の革です。

同社の作るミネルバボックスはシュリンク加工と呼ばれる表面にシボを出す工法に対して、リスシオは銀面がなめらかで皺の少ないスムースレザー仕上げになっているのが特徴的です。革の表情は植物タンニンなめし特有の温かみ、透明感を感じさせるスムースな仕上がりになっています。

Liscio(リスシオ)はイタリア語で「なめらか」

Liscio(リスシオ)は、イタリア語で『なめらか』という意味。

楽しめる革の経年変化(エイジング)

楽しめる革の経年変化(エイジング)

銀面はスムースな仕上げであるとともに、牛脚油(すね骨や無蹄足を煮沸して採取した100%ピュアなオイル)をたっぷり含んだ表情は、独特の落ち着いた色合いを醸し出しています。

自然本来の味を生かす為、表面には傷やトラなどが表立っていますが、使い込むほどに艶と味の増すことで、それすらも一つの味として、お楽しみ出来ます。

革の経年変化について詳しく見る

革についてあらかじめ知ってほしいこと

デシ数の刻印

「デシ数の刻印」

一枚の革に一箇所のみ。仕上がった革の大きさを表すデシ数の刻印が打たれています。そのため、一部商品の床面には数字が入っている場合もあります。

「漉き後のライン」

漉き工程の関係上、革全体を一気に漉けない為、漉き後のラインが出ている場合がございます。ただ、厚みは他の箇所と同一なので、使用上問題はございません。

漉き後のライン
血筋やバラキズなど

「血筋やバラキズなど」

革の床面(裏)にも元々備わっている血すじ等が入っています。

ちょっとしたキズが付いた時には・・・

自然な風合いを生かすため、表面に大きな加工を施しておりません。そのため、革の表面の小さなキズやシワが隠れにくく、爪傷が付きやすいという特徴がありますが、オイルを多く含んでいるので、指で軽く揉み込んであげるとキズが目立ちにくくなります。使い始めの内はオイル等による保革は必要ありません。

ミネルバボックスについて

ミネルバリスシオを使った鞄や小物の一例

FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ