ミネルバボックスについて

ミネルバボックスについて

ミネルバボックスはイタリアのタンナー「バダラッシィ・カルロ社」で一枚一枚丁寧な手仕事によって、作られています。フィレンツェのサンタクローチェ地区で10世紀以上の歴史を持つ”バケッタ製法”と呼ばれる、手鞣し・手染めで仕上げた高級素材の革です。革質はソフトレザータイプで、HERZオリジナルレザーの「スターレ」に近い革になります。

バタラッシィ・カルロ社が作る革で、ミネルバボックスとは反対に表面の皺が少ないスムースレザータイプの「ミネルバリスシオ」というイタリアンレザーもHERZでは使用しています。

ミネルバボックス(Minerva Box)について

特徴的なシュリンク(シボを出す)加工

ミネルバボックスという革の特徴は、まず自然本来の風合い豊かな表情であること。シュリンク加工と呼ばれる、表面にシボを出すシワ加工が特徴的な革です。

部位による革質差により、加工をした後でもそれぞれシボの入り具合が異なります。シボが強く入っている箇所もあれば、比較的少ない箇所もあります。そのため、同じ鞄でも箇所によってはシボの入り具合が全く異なります。その一つひとつの表情・個性を楽しんで下さい。

特徴的なシュリンク(シボを出す)加工

ミネルバボックスエイジング

植物タンニンで鞣した牛革に牛脚油(すね骨や無蹄足を煮沸して採取した100%ピュアなオイル)でたっぷりと時間をかけて加脂する製法です。

加工に時間がかかり脂が浸透しにくい反面、使い込んだ時に独特の色艶がでることと、一旦加脂したオイルが抜けにくいという特徴があります。

革の経年変化について詳しく見る

楽しめる革の経年変化(エイジング)

自然な風合いを生かすため、表面に大きな加工を施しておりません。そのため、革の表面の小さなキズやシワが隠れにくく、爪傷が付きやすいという特徴がありますが、オイルを多く含んでいるので、指で軽く揉み込んであげるとキズが目立ちにくくなります。使い始めの内はオイル等による保革は必要ありません。

ミネルバボックスについて

ちょっとしたキズが付いた時には・・・

ミネルバボックスを使った鞄や小物の一例

FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ