これから使うオールレザーのボディバッグ特集

ボディバッグ 使い方

HERZオンラインショップのONODERAです。
今回のブログは、いつもとはちょっと違ったテーマでちょっと真面目にお届けしたいと思います。

春になって、お出かけ日和が続いていますが、
この時期に入ると、小さくて軽めの革鞄をお探しになる方が多くなります。
その中でも、不動の人気は「ショルダーバッグ」なのですが、ここ数年、そのショルダーバッグと
同じぐらい人気が高まっているバッグがあります。

皆さんもご存じかもしれませんが、そうです!!

「ボディバッグ」です!!

既にボディバッグをお使いの方、もしくは次に使いたい鞄として、検討中の方も多いのでは?

大阪店でもボディバッグピックアップしています

 

ボディバッグ

 

1.そもそも、ボディバッグとは?ウエストバッグとの違いは?

ウエストバッグは、その名の通り、ベルトを腰に巻きつけて使う事を基本として作られているバッグです。
それに対してボディバッグは、ショルダーバッグの様に、ストラップ一本で斜め掛け(たすき掛け)して使ったり、
片方の肩にさっと肩掛け出来るバッグの事を呼んでいます。
ショルダーバッグとの違いは、身体に沿うように、ややタイトに掛けるタイプが多いといったところです。
とは言え、ボディバッグの明確な定義は今のところ、特に決まっていないはずです。

それに・・・
ウエストバッグもタイプによっては、ボディバッグのように斜め掛け出来るモデルもあります。

例えば、HERZ(ヘルツ)定番モデルで一例を挙げると、

羽付きウエストバッグ

羽付きウエストバッグ(C-45)

アクロバティック・ウエストバッグ

・アクロバティック・ウエストバッグ

 

 

2.現代のニーズに合った機能としての形=ボディバッグ

今までは、ちょっとした外出なら、ズボンのポケットに財布や携帯電話を入れておけば、事足りたかもしれません。
ただ現代では、iPhone,iPadを始めとした、スマートフォン、タブレット端末といったガジェットを常に持ち歩く事
自体が当たり前になりつつあります。
それらの道具と必要最低限の貴重品等がコンパクト且つスマートに入るバッグはどんな形か!?
そのニーズから生まれた最も近い形がボディバッグなのではないでしょうか。

ボディバッグの収納例

 

 

 

3.場面に応じて使い分けが出来る鞄=ボディバッグ

ウエストバッグとの違いで挙げた通り、ボディバッグは、斜め掛け(ショルダー)したり、肩掛けでも使えますので、
その時の服装であったり、使う場面に合わせた使い方が出来るバッグです。
特にHERZで作っているようなオールレザータイプであれば、ジャケットスタイルにも合わせられると思います。
旅行時にはボストンバッグの中に入れておいて、旅先での移動鞄としても活躍します。

ボディバッグ 使い方

 

 

4.ボディバッグのラインナップと番外鞄

ボディバッグの特徴や良い点を列挙してみたは言いものの、実はHERZ・・・
ボディバッグってあまり作っていないんです(笑)。
これから新作が増えればイイなと思ってはいますが、こればかりは作り手次第。今後を期待しています!!

 

Organ(オルガン)モデルのボディバッグ(G-32)

何度か本記事中の写真で登場しているOrganのボディバッグです。
作り手が意識した点は、サイズはなるべく小さく、身体にフィットすること。
旅先で使うバッグとして考えたので、本体の開口を背面にしています。

ボディバッグ(G-32)

 

タンドー・ボディバッグ(TN-2)

革の厚みがありつつも柔らかく、表情が豊かなオリジナルレザー=タンドーを使ったボディバッグです。
タイトに掛けるボディバッグですが、ストラップ調節穴が12箇所あるので、サイズ調節が幅広いです。
少しゆったり掛けたり、かなりタイトに掛けたりと使い方の融通が効きます。

タンドー・ボディバッグ(TN-2)

 

タテ型2wayボディバッグ(F-103)

2wayなので、ボディバッグとしてはもちろん、ベルトポーチにしても使うことが出来ます。
長財布が入るサイズ感を意識して作っています。
小さいながらもHERZらしいハードレザーを使ったタフでゴツいボディバッグです。

タテ型2wayボディバッグ

 

存在感のあるボディバッグ(F-1)

少し弧を描いた本体ファスナーは、大きく開き中身が見やすいことと 背負いながらの使用を考えたものです。
ちょうどスマートフォンが入る両側面のポケットは使い勝手にも配慮したデザインです。

ボディバッグ(F-1)

 

2ピース立体ボディバッグ(F-2)

シンプルなファスナータイプのボディバッグ。このバッグの特徴は二枚の革で立体を構成している構造。
前面側に内ポケットも設けていますので、普段はもちろん旅行でのサブバッグとしてもお勧めです。

2ピース立体ボディバッグ(F-2)

 

番外鞄:Organショルダーバッグ(G-15)

ショルダーバッグですが、ストラップの調節幅がかなり広いので、ボディバッグのように使うことが出来ます。

ショルダーバッグ(G-15)

 

番外鞄:Organショルダーバッグ(G-34)

G-15と同じく、ストラップの調節幅がかなり広いので、タイトに斜め掛けしたり、肩掛けで使う事も出来ます。

ショルダーバッグ(G-34)

 

番外鞄:Organミニショルダーバッグ(G-37)

こちらも先のバッグと同じく、ストラップの調節幅がかなり広いので、ボディバッグ的にも使えます。

ショルダーバッグ(G-37)

ボディバッグ・ウエストバッグ一覧ページへ

ショルダーバッグ一覧ページへ

 

HERZ(ヘルツ)ブランドサイト

HERZ(ヘルツ)公式通販サイト

メルマガ: 鞄工房ヘルツのあれこれ

Twitter: ヘルツイッター

Facebook:HERZ公式Facebookページ

 

FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ