作り手:NEZが語るダレスバッグの誕生秘話

作り手:NEZが語るダレスバッグの誕生秘話

HERZダレスバッグストーリー ~カッチリした鞄が作りたくて~

  • 聞き手:店舗管理 野口 「HERZ鞄のルーツが気になるんです」
  • 語り手:作り手 NEZ 「HERZの歴史は俺に任せなさい」
  野口(以下、野):こんにちは、HERZの野口です。皆様、いきなりですが、「ダレスバッグ」の語源はご存知ですか?ホントかウソかは謎ですが、アメリカのダレス国務長官が来日した際に持っていたことからという理由だとか・・・。 こんな話を思い出しまして、「HERZのダレスバッグはどうやって生まれたのか?」 なんてことを調べてみました。というわけで、今回は製作のベテラン:NEZとの談話形式でお送りしたいと思います。
ベテラン作り手:NEZ

野:NEZさ~ん。ちょっと時間下さい。

NEZ(以下、N):なになに、どうした?アレ、メガネはどこにいった?

野:額にありますよ(笑)。いや~、ヘルツのダレスバッグは誰が作ったのか気になってしまって。NEZさんなら知ってますよね~ダレスバッグは誰が作ったものなんですか?

N:俺だけど。

ダレスバッグ・スタンダードタイプ(BJ-2)

野:えっ!(いきなり当たりを引いてしまった) そうなんですか!ちなみに最初に作ったダレスは、品番で言うとどれですか?やっぱり「ダレスバッグ・スマートタイプ(BJ-1)」とかですか。

N:いや違うよ、ダレスバッグ・スタンダードタイプ(BJ-2)」。作った経緯を言うと、長くなるけどいい?

野:もちろん。むしろ長い方がいいですね。

ダレスバッグ誕生の経緯

N:それじゃあ。ダレスバッグは1990年の前半ぐらいに作ったんだ。 もともとHERZは豪快なイメージの鞄が多くて、ダレスのようなカッチリした鞄が少なかったんだけど、俺はどちらかというと、カッチリしたものが好きで、HERZの革でもダレスバッグを作りたいなあと思ったのが始まりだね。

野:それはわかる気がしますね。NEZさんのイメージはカッチリですよね。

N:そうそう、それでね。よ~~く憶えてるんだけど、なかなか完成しなかったんだよ。お店で色んなダレスバッグを見てきたりして、なんとなくで作ってみたんだけど、それっぽいものは出来るんだけど、うまく口が閉じなかったりして苦戦したねえ。

野:口が閉じないってダレスバッグとしては致命的じゃないですか!で、どうやって解決したんですか?

N:どうやってもうまくいかないから、思い切って横マチに切れ目を入れてみたらうまくいったの。

ダレスバッグ横マチ
ダレスバッグ製作風景

N:ほら、うちのダレスバッグって横マチの上に少し窪みがあるでしょう。アレが必要だったんだね。なんだかんだで、完成まで半年近くかかったよ(笑)。

野:なるほど!!でも、どうして最初が「BJ-2」なんですか?

N:当時は・・・ いや今もだけど、ダレスというとマチ幅が広くて、仕切りが付いてるのが一般的だったからね。それで最初に「BJ-2」を作って、次はもっとスッキリしたのが作りたくて「BJ-1」を作ったんだよ。

野:「BJ-1」では苦労とかしなかったんですか?

自分のコブシが入るサイズで決めたダレスバッグ

ダレスバッグ・スマートタイプ(BJ-1)

N:いやいや、あったよ(笑)。マチ幅が細くなったら、今度は手が入らなくてさ。これも悩んだ結果、今の上が広い台形のマチに辿りついたんだよ。

野:あっ、ホントだ。上の方が確かに広がってますね。

N:だろっ!ちなみにこの口の幅は俺のコブシが入るサイズで決めたんだけどな。

ダレスバッグ・スマートタイプ(BJ-1) 台形マチ
コブシが入るサイズ

野:うわっ、適当!でも、ヘルツらしい決め方ですね。そこから「二本手ダレスバッグ(BJ-3)」にはどう繋がるんですか?

N:「BJ-3」はねえ(なぜか嬉しそうに)、女性でも持てるダレスというイメージで作ったんだよ。ちょうどその頃、キャリアウーマンという言葉が知られてきたり、働く女性が話題になりだした頃だったから、HERZでも何か応援できないかと思ってね。

野:それ、かっこいいですね。女性を応援という視点もいいじゃないですか。

キャリアウーマンを応援するダレスバッグ

二本手ダレスバッグ(BJ-3)

N:女性が使えるダレスってコンセプトは当時でもあまりなくて。それで、デザインでも工夫してさ。 スッキリ見えるように、取手を二本手にして、本体も少し縦長にしたり、ステッチも最小限にしたりしたんだよ。

野:おっ!またしてもちゃんとした理由が。考えてデザインされているんですね。なるほどなるほど。NEZさんは他にも沢山のバッグを生み出していますが、ビジネスバッグで特に人気なのは、「あおりポケットのシンプル二本手ビジネスバッグ(BW-104)」ですよね。あれはどういう考えで作ったものなんですか?

ダレスバッグ・スマートタイプ(BJ-1) 台形マチ
あおりポケットのシンプル二本手ビジネスバッグ(BW-104)

N:あれは、元々あった「二本手ビジネスバッグ(BW-24)」という鞄が俺は好きなんだけど、それと同じサイズで「よりシンプルに、より使いやすく」ということを意識して作った鞄。具体的には、革はできるだけ継ぎ目のない1枚革で、金具も極力使わないということかな。余計なものをどこまで削れるか挑戦してみたかったんだよ。

野:確かに見た目スッキリですね。金具もファスナーと底鋲だけだし、ファスナー横のポケットも書類を入れたりするには便利ですよね。でも、スッキリ便利にという言葉はHERZっぽくはないですよね?

N:そこだけ言っちゃうとね。でもさ、金具を使わない代わりにどうやって取手を頑丈に付けるとか結構悩んで、1番太い糸でかつ本体の革で挟み込んで縫い付けたりとか工夫してるんだよ。とにかく丈夫で壊れない、ずっと使える鞄というのは大前提だからね。HERZの変わらない心だよ。

野:おっ、またしてもカッコイイことを言っちゃいますね。根津さんってそんな人でしたっけ?なんか悔しいので、カメラと焼酎をこよなく愛する『中年親父』な素顔もバラしておきますんで!!

N:コラコラ(苦笑)。俺のせっかくのイメージ作りを壊すんじゃないよ。

野:まあまあ、いいじゃないですか。 今日は色々と興味深い話をありがとうございました。これからもちょくちょくとお邪魔しますので、聞かせて下さい。そしてそして、これからもヘルツの変わらない心で鞄を生み出し続けて下さい。

N:ガンバリます。

アイテム紹介

ダレスバッグ・スタンダードタイプ商品ページへダレスバッグ・スタンダードタイプ商品ページへ

初代ダレスバッグ ダレスバッグ・スタンダードタイプ商品ページへ

ダレスバッグ・スマートタイプ(BJ-1)

マチ幅を自分のコブシが入るサイズで決めた ダレスバッグ・スマートタイプ商品ページへ

二本手ダレスバッグ商品ページへ

女性が持てるダレスというイメージで作った 二本手ダレスバッグ商品ページへ

あおりポケットのシンプル二本手ビジネスバッグ商品ページへ

よりシンプルに、より使いやすいを目指した あおりポケットのシンプル二本手ビジネスバッグ商品ページへ

ビジネスバッグ商品一覧ページへ ダレスバッグ商品一覧ページへ
FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ