革パン、サスペンダー、肉体改造!? 作り手:鈴木

裁断担当の鈴木です。

ご無沙汰しております。

ほんとは10日ほど前に僕のブログ当番が来ていたのですが、
ネタが思いつかず、今日迄延び延びになっていました。

しかし、そろそろ大後輩:オノデラ(ヘルツのブログの管理をしています)の
目も気になってきたので、ふりしぼって書かせて頂きます。
約10年ほど前に、気合いを入れて、ソコソコ値のはる革パンツを購入しました。
(と、言いつつも、セールでしたが…)

最後の一本で、少しウエストが大きかったのですが、
「まぁ、これから太って行くかも知れないからな」と、
永く穿く事を想定して購入に踏み切りました。

しかし、はいて、ベルトをしてみると、タックができてしまい、
1〜2時間もはいていると、タックのところが、すれてひりひりして、
かなり痛くなってしまうのです。
何度かはいてみても、必ず同じところが痛くなってしまいます。

「ベルトじゃだめだ。サスペンダーにしよう。」

そして、「革パンに使うんだから、せっかくだから革にしよう。」と、

自分で作ることに決めました。
しかし、完成迄に1年くらいかかってしまいました。

忙しかったり、夏が来たり(暖かい季節は、革パンは、はきません)、
やる気がなかったり、と、いくつか理由がありました。
(↑100%これ)

そしてようやくできあがり、早速試そうと、革パンを穿いてみました。

すると・・・
「あ、あれ?なんかちょうどいいぞ?」

まだサスペンダーもつけていないのに、ちょうど良くなっているのです。

そうなんです。

最初の想定どうりになっていたのです。
一年の間に太ってしまい、ベルトをしめても、タックはおろか、しなくてもいいんじゃない?
ぐらいになっていました。

詳しくはありませんが、『今日、出来る事は、今日のうちにやれ!!』

そんなような格言があったかと思うのですが、
ようやく、わかったような気がします(涙)…でも反面、

「革パンは、やっぱりベルトだよ、あ〜太ってよかった♪」

そう思いたい自分もいます。
まだまだ、悩み多き年頃です。
↑↑
(45です)

自作の革製サスペンダーと革パンに合わせて
肉体改造に成功したカラダ(笑)。

 

****************************************************************************************
ヘルツ[HERZ]では、工房・直営店から発信される旬な情報をメールマガジン、
Twitter、Facebook等でお知らせしています。
(作り手の日々の様子、新作や限定モデル、OUTLET販売など様々なです!!)
登録は下記のリンクから簡単に行えます!!

ヘルツのメールマガジン『鞄工房ヘルツのあれこれ』

ヘルツのtwitter『ヘルツイッター

HERZ公式Facebookページ

革鞄の手作り工房 ヘルツ[HERZ]公式通販サイト

****************************************************************************************

FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ