ごあいさつ&自転車乗り企画第一弾!

はじめまして。

仙台店新人の伊藤と申します。
宮城は仙台出身、自転車とコーヒーと民俗学(民間宗教譚収集)が趣味の23歳です。

はやいもので入社してから二月が経ってしまいました。
毎日が目まぐるしく、頼もしい先輩方に支えられ充実した日々を送っております。

できるだけ早く仕事を覚え、一人前の作り手になれるように商品製作に勤しんで参りますので
よろしくお願いします!

 

 

さて本題ですが・・・

 

仙台店では3月12日(土)より自転車乗り企画を開催します!

 

以前大人気だったというこの企画、私はこれがきっかけでHERZを知りました。
諸先輩方の自由なものづくりの様に圧倒された、私のHERZ好きの根本でもあります。

今回も仙台店スタッフの自由な発想でサンプルが揃いました!
それぞれ本人のコメントとともにご紹介します。

 

佐藤作
小さいけれど1人前!お散歩コインケース ¥5400

1お散歩コインケース

 

実は、カードが外側に2枚収納できます。

 

みんな大好きミニDカン(笑)を設置。

4ミニDカン

キーなどをつけてトゥゲザーすれば、これだけでサイクリングやウォーキングにゴーできます!
これを身に着けてスプリングを感じろ!グッドラック!(ルー風)

 

 

増澤作
3連リュック ¥59400

私は暑がりなので、冬でも自転車に乗ると汗だくになります。
自転車に乗る時に便利なのはリュックタイプやメッセンジャータイプなのですが、
これらのバッグは背中を覆ってしまいます。人間にとってのラジエターである背中は
なるべく広く空けておきたいのですが、ショルダータイプだと、前傾姿勢をとる自転車では
前にずれてきてしまいます。

そこで考えました。背中部分は覆わず背負っていて安定するリュックタイプで、
そこそこ容量があるバッグ…下に下げて横に伸ばす…

で、久々に面白い物が出来ました。

5ゴリさん鞄

出来上がりを見て自分でも笑ってしまいました。

 

カブセの留めはブラインドタッチでも開閉しやすいループロックタイプで、金具で自転車を
傷つける心配を減らしました。

 

背面には3連でポケットをつけました。

8ポケット

 

スピードを出しても両サイドがバタつかないようにベルトを付属しました。

 

周りのスタッフたちからは、『プロテクターみたい』だの『ジェット噴射で飛べそう』など
言いたい放題言われてます。(笑)

でも自転車にまたがると違和感ないですよね?

11ゴリさん自転車乗車中

是非一度、店頭で背負ってみてください。その姿を鏡で見ると笑えてきますよ(笑)

 

 

小田島作
2WAYトップチューブバッグ ¥21600

12小田島2WAYトップチューブバッグ

シンプルで、小物などが入り、ショルダーバッグにもなる2WAY仕様で作りました!

 

13取り付け

自転車には付属のループで固定します!

ポケットにはスマートフォンや二つ折り財布、キーケースなど入れてサクッとお出かけするようなイメージです!

 

14ショルダー

自転車を降りたら、ショルダーストラップを取り付けてショルダーバッグで!

 

15手持ち

ハンドバッグでも!(笑)

 

16ぷりっとした感じ

プリッとした印象で可愛らしく出来たとおもいます!取り付け、取り外しも簡単なので女性にもオススメです!!

 

 

最後に私、伊藤作
ボトルホルダー ¥6804

17伊藤ボトルホルダー

水分補給のたびにバッグから飲み物を出さないといけないのって面倒臭くない?という理由から、
すぐ手の届くハンドル周りに付けられるホルダーを作ってみました。

ボトルケージ台座の無いママチャリやミニベロ、ピストなどにオススメです。

 

18缶350ml

350ml缶や

 

19ペットボトル500ml

500mlペットボトルにも対応しています。

 

取り付けはハンドルとコラム部分(ハンドル手前の垂直な棒)の2点で固定。

 

22あて革

美錠部分の当て革は自転車へのキズ防止、異音防止に役立ってくれます。

 

23工房で

使い方はあなた次第かも…

 

 

販売は3/12(土)よりスタート

企画品につき仙台店での限定販売となります。ぜひご来店ください!

 

ひとまず第一弾の発表は以上です。

初めてのブログで少し堅くなってしまいましたが、こんな感じで以後よろしくお願いします(笑)

第二弾をお楽しみに!

 

※商品の価格や仕様は予告なく変更する場合があります。
詳細は仙台店まで直接お電話にてお問い合わせください。

仙台店の紹介ページへ

 

 

24防災3.11

程近くにあるラジオ局からこんなハンドブックを頂きました。

あの日から丸5年、今まで震災の被害の甚大さや復興の遅れなど取り上げられてきましたが、
防災の取り組みや実際に復興している様子などが取り上げられていて、
次のステップにきているんだなあと感じています。

 

 

 

HERZ(ヘルツ)ブランドサイト

HERZ(ヘルツ)公式通販サイト

HERZ公式インスタグラム
FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ