ミニチュアリュックのお話

ミニチュアリュックのお話

こんにちは!ヘルツ名古屋店の竹中です。
あけましておめでとうございます。ちょっと遅いですかね・・・(笑)

さて今回は、今年最初の新作として登場したミニチュアリュック(R-32)の生みの親【﨑田】にお話を聞いてきました。どんなお話が出てくるか楽しみですね!

竹中
「新作おめでとうございます!」

﨑田
「ありがとう!!」

竹中
「色々お聞きしたいのですが、よろしいですか?」

﨑田
「よいであろう(笑)」

竹中
「めっちゃ可愛いデザインですね。作ったきっかけは何だったんですか?」

﨑田
「最初に作ったのは2020年夏ごろ。パルガミニリュック(R-24)(※以下パルガ)やカルテラ、おにぎりポーチ(KF-3)おにぎりコインケース(KK-4)を作っていたときかな。」

※カルテラミニ3wayバッグ(通称カルテラ)は2021年に期間限定発売した企画品です。2023年現在は受注終了しております。

 

竹中
「あ!草間がケルンリュック(R-31)を作っていた時ですね。」

﨑田
「そう!二人でたくさんつくるぞぉぉぉぉーってなっていた時なの。」

竹中
「ミニチュアリュックも作りたかったものの1つだったんですね。」

﨑田
「うーん、実はちがくて・・・。先にパルガとカルテラを作っていたんだけど、それが完成して自分が欲しい・使いたいと思うものがなくなっちゃったんだよね。」

竹中
「新しく作るときって自分が欲しい!使いたい!ってのが根本にありますよね。」

ミニチュアリュック(R-32)RD着用

﨑田
「燃え尽き症候群みたいな感じかな。そんな時、駅のホームで夏らしい服装で荷物も必要最小限、超身軽な女性が目に入ったの。ビビッときまして。」

竹中
「運命の出会いってやつですか!」

﨑田
「かもしれない(笑)。その女性に似合う鞄を作りたいって思ったらわくわくしてきたし、アイデアもどんどん出てきて。」

竹中
「その女性が目に入らなかったら、ミニチュアリュックは生まれなかったんですね。」

﨑田
「ヘルツの鞄にモデルがいるって珍しいと思うけど、不思議とどんどん作れて完成まで一ヶ月くらいだったかな。もちろん微調整はあったけど。」

竹中
「アイデアがどんどん出てくる中で苦労した事とかありましたか?」

﨑田
「やっぱりバランス感かな。」

ミニチュアリュックのお話1

竹中
「この小ささの中で調整するのは大変だったと思います。」

﨑田
「既にヘルツで使われている取っ手やリュックストラップはなんかしっくりこなくて、リュックストラップは20mm幅のものを新しく作ったの。」

ミニチュアリュックのお話2

(手前から20mm、24mm、30mm)

 

竹中
「確かに通常のものより幅が狭くなっている!こだわりポイントですね。」

﨑田
「ベースの形はすぐに決まって、何をつけても似合うリュックなのでどれを選ぶかも大変だった。」

竹中
「前ポケットの上にブタ鼻とかつけても可愛いですね。」

﨑田
「良いと思うよ!後ろのポケットをなくして、スッキリさせるとかもいいんじゃないかな。」

竹中
「リュックストラップの幅以外にこだわったところはありますか?」

﨑田
「あとは、フォルムとサイズ感と作りかな。」

竹中
「パルガよりも小さくないですか?」

﨑田
「モデルになった方が身軽だったから、サイズは必要最小限に。パルガよりも小さくなっているよ。でも、自分の中で”長財布と500mlのペットボトルは必ず入る”っていう最低条件があって、その条件を守りつつなるべく小さく作ったの。」

R-24とR-32の比較

R-32収納例

竹中「ペットボトル縦に入れるとピッタリサイズですね。デザインは参考にしたものとかあったんですか?」

﨑田「デイパック(R-93)ってザ・リュックの形をしているよね。それがソフトレザーだから、その形をハードレザーで作ってみたかった。作りに関してはトランクが好きだから、箱型鞄・2wayミニショルダー(CW-40)のガバってフルオープンに開くのを取り入れてみたんだ。」

 

R-32と参考にした鞄

(左:箱型鞄・2wayミニショルダー(CW-40)、中央:ミニチュアリュック(R-32)、右:デイパック(R-93))

 

竹中
「好きなものをふんだんに取り入れた鞄ですね!」

﨑田
「実はもう一つあって、女の子だったら幼少期に誰もが欲しがるであろう”コンパクト”っていうおもちゃがあるんだけど、それがパカって開くからそれも取り入れているんだよね。」

ミニチュアリュックのお話5

竹中
「コンパクトってなんですか?仮面ライダーのベルトだったらわかりますが・・・。」

﨑田「こんなやつ(スマホで写真を見せる)。アニメとかで女の子が変身するときに使うやつかな・・・!小さい時はめっちゃほしくてロマンだったの。小さい時に抱くロマンを、大人が使う鞄で表現してみた。」

竹中
「あぁぁぁ!見たことあります!憧れだったりしますよね。見比べるとなるほどねってなりました。大人の女性の方に持っていただくと嬉しいですね。」

﨑田
「そうだね。でも、このサイズ感は小さい子が持っても可愛いと思う。大人から子供まで幅広く使ってくれると嬉しいな。」

ミニチュアリュック(R-32)GR着用

竹中
「ところで、ミニチュアリュックの名前の由来はあるんですか?」

﨑田
「ミニチュア模型とかあるじゃん。そこから発想を得たんだよね。」

竹中
「まさにこの鞄にピッタリな名前ですね。名前も鞄も可愛いので覚えやすいですね。最後にどんな方にオススメしたいか、一言あれば教えてください。」

﨑田
「オススメの方は大人の女性です!でも、小さい子が持っても可愛いと思うから幅広い年代の方に使ってほしいな。一言と言われると・・・だいぶ話したからな~(笑)。
めぐりめぐって、駅のホームで見かけた女性の方に届いてくれると嬉しいかな。」

ミニチュアリュックのお話4

いかがでしたか?
ほかにも聞きたいことや気になることがあれば名古屋店にご連絡してください。
﨑田もいるので、本人とお話してみるのも良いと思います。いろいろ聞けちゃうかもです!

それではまた次回。

ミニチュアリュック(R-32)商品ページへ

リュック・バックパックの商品一覧ページへ

ミニリュックの商品一覧ページへ

【名古屋店】
営業時間 12:00-19:00
電話番号 052-228-8860

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル地下1階
定休日 毎週水曜・木曜 / 第3火曜

名古屋店の紹介ページへ

HERZ(ヘルツ)ブランドサイト

HERZ(ヘルツ)公式通販サイト

HERZ公式インスタグラム
FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ