イタリアンレザー。

 

 

こんにちは、オルガンの村松です。

 

こちらはミネルバリスシオで作ったトートバッグ。

 

ビビッドな赤です。

 

 

オルガンで使用しているイタリアンレザーはバケッタ製法という
昔からの伝統的な製法で作られています。

どのくらい昔かというと、なんと8世紀!
8世紀というと、日本は奈良時代だそうです。歴史は苦手だったのでピンと来ません。

ヨーロッパでは戦士たちが甲冑を着て領土の取り合いをしていたころにできた製法が
現在も続いているというわけです。

 

 

そのくらい昔からの製法なので、材料はすべて天然素材です。
栗の木、ミモザのタンニンで鞣した革に100%ピュアな牛脚油を染み込ませるそうです。
材料だけ聞いてると何だか美味しそうです。

 

 

タンニンの成分のせいなのか、袋から出したばかりのイタリアンレザーは、
まるでフルーツのような爽やかな香りがします。
ご来店の際は鞄の匂いも確かめてください。

 

 

 

 

 

****************************************************************************************
ヘルツ[HERZ]では、工房・直営店から発信される旬な情報をメールマガジン、
Twitter、Facebook等でお知らせしています。
(作り手の日々の様子、新作や限定モデル、OUTLET販売など様々なです!!)
登録は下記のリンクから簡単に行えます!!

ヘルツのメールマガジン『鞄工房ヘルツのあれこれ』

ヘルツのtwitter『ヘルツイッター

HERZ公式Facebookページ

革鞄の手作り工房 ヘルツ[HERZ]公式通販サイト

****************************************************************************************

FACEBOOK

日々のあれこれを気ままに投稿中!!
鞄工房HERZ(ヘルツ)の公式Facebookページ